日焼けケア

日焼けケアの正しい方法をこっそりと公開中!?

日焼けケアの最初の一歩は、早急に冷やすことが大事!?

 

自分では、気をつけているつもりでも、うっかり日焼けしてしまう場合がありますよね。

 

そういう時は、早急に日焼けケアをしないと後々大変なことになってしまいますので、基本的にしないといけないことを紹介しようと思います。

 

まずは、患部を冷水で冷やしたタオルやアイスノンを使って冷やしてあげることが大切になってきます。

 

日焼けが起きてからだいたい半日から1日後に炎症が発生しますし、その時がヒリヒリしますので、しっかり冷やして痛みを和らげてあげることもできますね。それに、この時に冷やすか冷やさないかでは、大きな違いがでますので、早急な日焼けケアが重要です。

 

まだ炎症があるうちに普段使っている化粧品を使うと、肌に刺激が伝わって悪化することもあるので、使ってもいい化粧品か確かめて貰うことも必要かもしれません。

 

日焼けは火傷のようなものなので、日焼けしてしまったらすぐに冷やすということを覚えてもらって、早急な日焼けケアをして下さい。これだけでも全然違うと思いますよ。

 

 

患部の水分補給をして、日焼けケアをする!?

 

患部を冷やした後の日焼けケアには、患部に水分補給をしてあげないといけません。

 

直接患部に化粧水を付けてもらうこともいいですが、コットンを用意した方がいいと思います。そのコットンに化粧水を染み込ませる訳ですが、ちょっとずつではなくひたひたになるぐらい染み込ませた方がいいでしょう。

 

そして、パッティングするよりも肌に患部にまんべんなく馴染ませて、浸透させる方法が日焼けケアにいいのではないでしょうか。

 

日焼けしたシミができ始めるまで2、3日掛かるのですが、このように日焼けケアをしていれば、メラニンを活性化させる要因の炎症の刺激を鎮静化させることができます。それに、炎症してしまった肌は、深部で水分が不足していますから水分補給が重要になってきて、不足していると当然乾燥してしまい、シミの進行スピードが早くなってしまうのです。だから、人気のシミに効く化粧品を選ぶの大事。だから、シミに効く化粧品ランキングをチェックしてみるのも、シミをケアする上では、たまにはいいかもしれないよ。顔のシミに効く化粧品!をしっかりとつかうことも大事なんだよね。

 

 

肌への水分補給は、このように大事ですが、使う化粧水は、アルコール系の物だと刺激が強すぎるので、ノンアルコールの物にしましょう。



ホーム RSS購読 サイトマップ